杉本純のブログ

本を読む。街を見る。調べて書く。

佐伯一麦と徳田秋声2

佐伯一麦八木書店の『徳田秋聲全集 第25巻』(2001年)の月報に、随筆「暮れに読む『新所帯』」を寄せている。ちなみにこれは「あらじょたい」と読み、正しい漢字は「新世帯」であるはずだ。

「暮れに読む『新所帯』」には、佐伯が秋声文学に親しむようになった経緯が冒頭に記されている。最初は、中上健次野口冨士男について書いた文章に触発され、野口の『かくてありけり』を読み、野口から秋声へと関心が広がっていったようだ。野口は秋声伝を書いている。

佐伯は野口の「なぜ、秋聲か」というエッセイに触れて、秋声文学はプロレタリア文学の危機や、戦争、対象を見失った模索の時代、などの危機状況に限らず、「個人の危機」が訪れた時にも再燃する、と述べている。この辺り、私はちょっと読解に苦しむ。なお「なぜ、秋聲か」というのは、引用されている文章からして、野口の『文学とその周辺』(筑摩書房、1982年)所収の「なぜ秋声か」だろうと思う。

「なぜ秋声か」は、和田芳恵私小説を紹介しつつ、和田文学の祖先に秋声を見出すことができることを、様々な資料から類推して述べたもの。そこには、和田は死ぬ三年余り前から良い作品を生み出して人気作家に上り詰め、丸谷才一が書いていた朝日新聞の「文芸時評」がその導火線の役割を果たした、とあり、面白い。

さて佐伯は、中上、野口を経て秋声の文学に出会い、「新世帯」を毎年大晦日に読んでいた(今も読んでいるかどうかは分からない)。それは、「新世帯」が、子供ができて所帯を持った自分たちの「新所帯の原型と読めた」からである。

その頃から、佐伯は都会の底辺めいた環境で肉体労働に従事し、健康も損なって大変な状態が続くのだが、毎年「新世帯」を読む中で、自身の状況に応じた色んな読み方をして、様々な感慨を味わったようだ。

佐伯は秋声文学について、

 総じて、秋聲の作品から私が受けるのは、靴底にざらつく三和土の感触である。

と述べている。三和土とは、秋声の1933年の短篇「町の踊り場」に出てくる、主人公が踊りを踊る「タタキ」(床)のことだ。そして、

今日でも人は、家庭内の鬱屈を紛らしに外出するとき、または世間の塵労と共に帰宅するときも、靴底にタタキのざらついた触感を味わっているはずだ。

と書いている。

「町の踊り場」は「経済往来」に発表されたものが初出で、私は文藝春秋『日本の短篇』(1989年)で読んだ。主人公の作家が姉の葬式のために故郷に戻り、しばらく滞在した間のいくつかの出来事を綴った作品である。あまり面白くはないのだが、『日本の短篇』の解題によると、主人公が、葬儀に際してまとわりついてくる身内の煩わしい諸事情から自分を解き放つように、「町の踊り場」に出掛けていくところが読みどころだという。「甘ったるい故郷への同一感をかたくなに拒んでいるような〈私〉に、逆に異常な郷愁がにじみ出ているところが面白いのである」とある。

佐伯が見出した「タタキ」の触感とは、家庭の煩わしさからいっとき解放してくれるもの(かといって、仕事ではない)の象徴ではないか。

平べったく味気ない日常にがんじがらめにされていても、地道に怠ることなく進んでいくことで、その先に解放の光も見えてくる。佐伯は、秋声の徹底したリアリズム、ないし自然主義文学の在り方に、自分の生き方を見出していたのかも知れない。

佐伯は「暮れに読む『新所帯』」の最後の方で、「木を接ぐ」の中にも三和土が出てくる、と書いている。「木を接ぐ」では最後に、寿司屋から帰ってきた主人公が、部屋の三和土にサラ金のチラシとポケットティッシュが入った白い封筒が落ちていて、それを抛り捨てるところがある。


情報かモノか

大江健三郎『新しい文学のために』(岩波新書、1988年)に面白い箇所があった。

ヨーロッパから輸入した古家具が、倉庫に十個おいてある。倉庫に品物がちゃんと届いているかどうか、輸入商社の人間が確かめに来る。かれは伝票の数値にしたがって——つまり代数学によって——、十個の包装されたものがあることを、それと認め知ることができれば、目的を達する。
 ところが芸術家は、数量などは二の次に——もとより数があるかどうか、それと認め知ることも格別邪魔にはなるまいが——、倉庫に入りこみ包装を解いて、古家具のいちいちをはっきり眼におさめ、さわってみもするのでなければ、満足しない。自分の眼で明視し、ものを感じとることをするまでは、伝票の数値とか、ここに包装が十個あるじゃないか、というような挨拶では、ものを見たとは感じとることができぬと、倉庫番にむけていいはるはずである。

これは異化について説明しているくだりだが、たしかに、小説で扱う事物についてはきちんと実感を持って書くべきだと私も思う。もちろん、作者が実感を持って書いているかどうかは、作品が面白いかどうかには関係ないし、読者が実感を得るかどうかも別問題だろう。

以前の私は、映画の脚本とか小説に登場させるシーンを全てこの眼で見なくてはならないと考えていた。大岡昇平の『現代小説作法』(文藝春秋新社、1962年)にはモーリヤックの「私は、私の小説の舞臺となる家を、その隅々に至るまで、まざまざと思い浮かべられぬ限り、小説を構想することができない。最も人目につかぬ小徑でも、私に馴染み深いものでなけばならず、周圍の一帯の土地も私の知っているものでなければならない」という言葉を引用し、モーリヤックは日本の私小説家とかなり近いところにいるようだと言っているが、私は大江の言ったこととモーリヤックの考えは通底するように思うし、まったくその通りだとも思う。

深いことはよく分からないのだが、それを小説の言葉にしていく場合、それを単なる情報とするか、色彩や匂いや重みを持ったモノのようにするか、ということが問題になってくるように思う。

盆に読んだ「新世帯」

八木書店徳田秋聲全集 第25巻』(2001年)の月報には佐伯一麦の「暮れに読む『新所帯』」が載っている。これは、佐伯がいかにして秋声の文学に出会い、慣れ親しむようになったかの経緯を述べつつ、秋声作品を批評してもいる随筆である。佐伯はこれに先立つ1996年、新潮社100年記念の「新潮」7月臨時増刊号の「一頁近代作家論」で秋声を担当し、「タタキの触感」という随筆を書いたのだが、「暮れに読む『新所帯』」の内容は、これとかなり重なっている。

さて、佐伯は自分が所帯を持った頃から秋声の「新世帯」を毎年大晦日に読んでいたとのことで、「新世帯」と秋声文学は佐伯とその初期作品を読む上で重要なキーワードになるだろうと私は思った。それで、この盆に読んだ。岩波文庫、1955年。

今回はじめて読んでみて、叙述といい描写といいまったく無駄のない見事な行文で、驚かされた。本作は明治41年(1908年)に発表された小説だが、今でもぜんぜん古くない感じを受けるのは、装飾の類いを徹底的に排した文章であればこそだろう。

主人公である新吉の人柄を説明する描写が前半にあり、ここも実に巧いと思ったのだが、私は個人的にここで新吉に深い親近感を覚えた。結婚をするにあたり、小野という友人が婚礼を盛大にしようと豪華な品々を注文してしまい、それにげんなりする辺りの描写。

小野の見積書を手に取つては、獨(ひとり)で胸算用をしてゐた。此處へ店を出してから食ふ物も食はずに、少許宛(すこしづつ)溜めた金が旣う三四十ある。其を此際大略(あらかた)噴出して了はねばならぬと云ふのは、新吉に取つて些と苦痛であつた。新吉は恁うした大業な式を擧げる意はなかつた。竊(そつ)と輿入をして、私(そつ)と儀式を濟ます筈であつた。强(あなが)ち金が惜しいばかりではない。一體が、目に立つやうに晴々しいことや、華やかなことが、質素な新吉の性に適はなかつた。人の知らない處で働いて、人に見著からない處で金を溜めたいと云ふ風であつた。どれだけ金を儲けて、何れだけ貯金がしてあると云ふことを、人に氣取られるのが、旣に好い心持ではなかつた。獨立心と云ふやうな、個人主義と云ふやうな、妙な偏つた一種の考が、丁稚奉公をしてから以来(このかた)彼の頭腦に强く染込んで居た。小野の干渉は、彼に取つては、餘り心持好くなかつた。と言つて、此男が無くては、此場合、彼は幾(ほとん)ど手が出なかつた。グヅグヅ言ひながら、分晰(きつぱり)反抗する事も出來なかつた。

人の知らないところで働いて金を貯めたいと思う、独立心というか個人主義のような偏った考え。うーむ…これはまさしく私である。。その後の、結婚後の妻との生活の様子などを読んでも、新吉は私そのものではないかと思わせられるところが多かった。

独立心とか個人主義という言葉は、私の知る限り、近代および近代文学のキーワードの一つである。上記引用箇所を読みながら私は、やはり自然主義文学とか近代文学というのは人間の個人主義的な側面や私的な領域に踏み込むもので、新吉のような凡庸な小物を描くものだ、と思って、深い感銘を受けた気分になった。

ところで、この作品で不自然に思った箇所がある。小野が拘引されてから妻のお國が新吉の家に転がり込んでくるところなのだが、その理由として書かれているのは、お國には東京には親がいないので世話を頼む、という手紙が小野から来ることくらいなのだ。そういうことって、あの時代、果たしてあり得たのだろうか。。

小説は、新吉とお國の関係が危ない方へ行こうとするのを匂わせつつ進行するが、妊娠したので実家に帰っていた新吉の妻のお作が戻ってきて(子供は流産)、お國は出て行き、お作が二人目を妊娠したところで終わる。そのことについて小説では特に何も語られないが、新吉の、鈍くさくて詰まらないお作から美人のお國へと乗り換えるという夢が潰えて、平凡で地味なお作との生活が戻ってくるという、個人主義者の一種の滑稽な敗北が描かれているようにも見える。お國との夢などはどこにも書かれていないのだが、男の私としては、そうも読めるのだ。秋声の研究本などに「新世帯」のそういう解釈について書かれていれば、読んでみたい。

子供ができたために結婚した佐伯一麦は、秋声の「新世帯」が、自分の「新所帯」の原型と読めた、と言っている。その辺の事情は、また別に考えてみたい。

板橋区徳丸と『みのりの道』

f:id:atsushisugimoto:20190815211027j:plain

板橋区の徳丸という町の中に、徳丸ヶ丘公園という公園がある。そこには「みのりの道」という大きなモニュメントが設置されている。

収穫した稲を積んだ大八車を父親が引き、それを後ろから母親と二人の子供が支えて押しているモニュメントで、とても迫力がある。

徳丸という土地は、畑と水田が広がっていた地域であり、土地区画整理事業によって住宅地に生まれ変わったのだが、この「みのりの道」は、この地域の人々の往時の姿を伝えるもの。モニュメント下部に設置されている碑文には、区画整理事業の経緯がごく簡単に記述されており、「みのりの道」について末尾に次のように記されている。

 時代と共に忘れ去られて行く過去の暮しの中で、私達の祖先がきびしい地形のこの地で強くたくましく生きた“あかし”として後世に伝え、この土地区画整理事業が、組合員、役職員等多くの人々の「和」で完成したことを大きな「みのり」とし、事業半ばで逝かれた方々のご冥福とこの地のつきることのない繁栄を祈り竣工記念碑として建立しました。
  平成三年三月 吉日
    徳丸ヶ丘土地区画整理組合

私はこれまでいろんな公園のいろんなモニュメントを見てきたが、この「みのりの道」は、存在感といいメッセージ性といい出色だと思う。

さて、徳丸ヶ丘土地区画整理組合は平成3年(1991年)12月に事業解散記念の冊子を刊行している。その名も『みのりの道』。函入りの大型本で、組合理事長はじめ様々な組合幹部や地元民の言葉、関係者座談会、事業の中身についての詳細な資料も付いていて、この一冊を読めば区画整理事業についてだいたい分かるだろうと思われる、たいへん豪華な本だ。

この本の末尾の方には事業の年表が掲載されている。これを参照すると、組合が認可されたのは昭和40年(1965年)11月30日で、徳丸ヶ丘公園で事業竣工記念碑除幕式が執り行われたのは平成3年(1991年)4月である。それまでに、住宅地や道路や環境整備工事が順次完成している。

始まりから終わりまで、約26年もかかったことになるが、冒頭の組合理事長のメッセージを読むと、地元の方々が区画整理実施を目指して立ち上がったのが昭和34年(1959年)頃、とあるので、準備も含めて30年以上をかけて取り組んできた一大事業だったのだ。

徳丸には「徳丸槙の道」という道があり、槇の街路樹が植えられている。槇は、平成元年(1989年)にオープンした、板橋の藝能を伝承する拠点である郷土芸能伝承館の敷地内にも記念樹として植えられている。槇はそうとう高価な木であるらしく、とすると当然、「槙の道」の整備もかなりの費用がかかったのだろう。

f:id:atsushisugimoto:20190815211128j:plain

郷土芸能伝承館の入り口の槇

f:id:atsushisugimoto:20190815211350j:plain

徳丸槙の道

私にはこの「槙の道」が面白い。というのは、槇は街路樹の樹種としては見たことがないからで、この道は、前から不思議な存在だったのだ。『みのりの道』を読むと、やはり槇の街路樹は全国的にも珍しいものであることが分かる。また『みのりの道』の座談会で、本来庭木と考えられていた槇を街路樹にしたことは、板橋区のテーマ「緑と文化の街」にぴったりだと思う、と述べている人がいる。

f:id:atsushisugimoto:20190815211452j:plain

街路樹としては珍しい槇が、独特の景観をつくり出している

区画整理事業は日本中で実施されており、『みのりの道』のような記念冊子はその歩みを伝えている。こういう本を読むと、街を歩くのが楽しくなる。

南極観測船ふじ

f:id:atsushisugimoto:20190815215820j:plain

名古屋港ガーデンふ頭にある「南極観測船ふじ」が面白い!

南極観測船ふじ」は、1965年から18年間、南極観測に利用する砕氷船として活躍した船。現在は名古屋港ガーデンふ頭に永久係留されていて、当時のままの姿で博物館として見学することができます。南極や南極観測について、体感しながら学ぶことができる施設です。

f:id:atsushisugimoto:20190815215943j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190815220054j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190815220132j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190815220216j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190815220306j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190815220400j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190815220443j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190815220536j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190815220716j:plain

2階は「南極の博物館」。南極観測について解説してくれるコーナーがあり、雪上車や南極の動物などが紹介されていて勉強になります。

f:id:atsushisugimoto:20190815221052j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190815220813j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190815220855j:plain

 名古屋港ガーデンふ頭は他にも名古屋港水族館、名古屋港ポートビルと名古屋海洋博物館といった施設もあり、海の生き物や港を巡る産業についても多く学べる、とても楽しいスポットです。

f:id:atsushisugimoto:20190815220946j:plain

レファレンスサービス

これまで何度か、図書館のレファレンスサービスを利用したことがある。その経験から言うと、レファレンスは調査・研究に従事する者にとって強い味方であることは間違いない。

その理由の一つは、レファレンスサービスを提供する側が、図書館をはじめとした資料の所蔵場所についての確かな知識とセンスを持っていて、ここに足を運べば目当ての資料に出会えるだろうと示唆してくれることだ。これは、まぁレファレンスサービスとしては当たり前のことだが。

もう一つは、知りもしない専門図書館や専門サイトを案内してくれるため、調査・研究に必要な基礎知識が拡張されていくことである。私は以前、ある作家が神奈川県に住んでいた頃に受賞したある文学賞についてレファを利用したのだが、その時、私の知らなかった公立図書館に有力な情報がかなりの量、蓄積されていることが初めて分かった。そういうことは、図書館のホームページを見てもよく分からないことが多いので、レファを利用してみて初めて分かるのである。

もちろんレファも万能ではなく、聞いてもよく分からないこともある。しかし、こういう種類の情報であればここを当たれば分かりそうだ、という道案内についてはかなり役に立つ。

板橋区立熱帯環境植物館でタイガーオーキッドが開花

f:id:atsushisugimoto:20190817165004j:plain

板橋区立熱帯環境植物館(通称:グリーンドームねったいかん)は、東南アジアの熱帯雨林の環境を再現しています。基本的には植物館ですが、地下にはミニ水族館も備えられている楽しい施設です。

隣にある高島平温水プールと同じく、近くにある板橋清掃工場の余熱を利用した省エネルギー施設でもあります。東南アジアの熱帯を主な対象に、地球環境について学べるスペースもあるので、楽しみながら勉強もできます。

f:id:atsushisugimoto:20190817165112j:plain

オープンは1994年なので、今年は25周年になります。ここで現在、世界最大のランとして有名だというグラマトフィルム・スペキオスム(タイガーオーキッド)が開花しています。開花が確認されたのは8月8日とのことですが、オープン以来初の開花であるらしいです。

f:id:atsushisugimoto:20190817165137j:plain

f:id:atsushisugimoto:20190817165200j:plain

花を見ると、黄色にいくつもの赤褐色の斑点が付いています。たしかに虎のような模様をしていて、タイガーオーキッドという通称が付いているのが納得できます。

関東地方の植物園で開花するのは珍しいそうですが、気まぐれな花なのでこのまま毎年開花してくれるのかは分からないらしいです。いずれにせよ、オープン25周年に文字通り花を添える記念開花となりました。

f:id:atsushisugimoto:20190817165225j:plain