杉本純のブログ

本を読む。街を見る。調べて書く。

ポオ小説読破

ポオ「沈黙」

エドガー・アラン・ポオの「沈黙」(『ポオ小説全集2』(創元推理文庫、1974年)所収、永川玲二訳)を読みました。 わずか5ページのごくごく短い作品で、その内容は、悪霊が「ぼく」に、私の物語をきけ、と話し掛けてきて始まります。その物語は、リビアの…

エドガー・アラン・ポオ「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」

エドガー・アラン・ポオの長篇小説「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」(『ポオ小説全集2』(創元推理文庫、1974年)所収、大西尹明訳)を読みました。 この小説はポオ唯一の長篇で、ジュリアン・シモンズによるポオの伝記『告げ口心臓…