杉本純のブログ

本を読む。街を見る。調べて書く。

「すべての道は、ミステリに通ず」

ミステリはエンタメの基本

新井久幸『書きたい人のためのミステリ入門』(新潮新書、2020年)を読んでいます。近所の図書館で見つけ、面白そうだと思って読むことにしました。

長年にわたり新人賞の下読みを担当し、伊坂幸太郎道尾秀介米澤穂信などと伴奏してきた経験を持つ著者が、ミステリの〈お約束〉を解説する本です。タイトルには「書きたい人のため」とありますが、ミステリやミステリ作家についての幅広い解説が、「読む専門」にとっても有益なものになるのではないか、と「はじめに」で述べられています。

その最終章である「第十三章 ミステリ新人賞、その執筆および投稿と選考に関する一考察」は、ミステリ作家ワナビ向けに書かれたもので、私はそこから読みました。その最後に「すべての道は、ミステリに通ず」という見出しがあり、「ミステリはすべてのエンターテインメントの基本」とあります。

 およそどんな小説にも、大なり小なり「謎」の要素がある。殺人事件でなくとも、「あの人はなぜあんなことを言うんだろう」とか「彼女はどうして、他でもないあの男が好きなんだろう」とか、物語を牽引する力は、「なぜ」「どうして」であることが多い。その答えを知りたいと思う気持ちが、ページをめくらせるのだ。

大江も西村も…

例えば大江健三郎の小説を読むと、冒頭から「おや?」と思わせるフレーズが文中に混入されていて、ページをめくらせるのが巧い、と思います。『取り替え子』の「田亀のシステム」もそうだし、また私は『キルプの軍団』の冒頭に出てくる忠叔父さんの「暴力犯係」という仕事が、さりげなく挿入されていながらもどこか怪しい雰囲気が出ていて、巧いなあと思ったものです。

大江自身は「異化」という言葉をよく使っていましたが、そういう「あれ?」と思わせるフレーズや言い回しも、一種の「謎」なのかもしれません。

また、少し前に読んだ西村賢太の「崩折れるにはまだ早い」も、叙述トリックめいたものが用いられていました。「語り」の面白さを追求すると、小説はミステリのようになってくるのかも。

 * * * * * * * * * *

小説「映画青年」(12)