杉本純のブログ

本を読む。街を見る。調べて書く。

2018-04-06から1日間の記事一覧

溝口健二の背中の傷

溝口健二(1898-1956)の戦後の代表作『西鶴一代女』(1952)の助監督を務めた内川清一郎は、京都の「松華楼」という旅館で溝口と一緒に風呂に入り、溝口の背中を洗おうとして、そこに一筋の刀傷があるのを見た。その傷は柳の葉っぱより少し大きいもので、内…